お知らせINFORMATION

林業労働安全対策の研究

持続可能な森林管理を支える林業労働は、危険で、きつく、給料が安い仕事の代表です。林業を働きがいのある仕事にするためには、まず労働災害をなくして安全な仕事に改善しなければなりません。その実現に向けて、最も労働災害の多いチェーンソーによる伐木作業について、木を伐る作業を三次元動作分析によって評価し、スタンダードな技能の解明を行なっています。同時に安全知識の向上のためにボードゲーム形式の林業安全ゲームを開発するとともに、VR機器を利用した危険予知トレーニングの開発、近づき過ぎた時に警報を鳴らす無線による近接警報装置の開発などを行なっています。さらに、労働災害と給料・処遇の関係について、安全性と生産性の両面から研究を進めています。

posted at 2021.4.5
  • 就職・進路情報
  • 受験生向け情報
PAGE TOP